aLLDAYS

アクセスカウンタ

zoom RSS 86をBRZ-GT300化しよう。 第4編

<<   作成日時 : 2012/10/29 00:00   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

第3編の後、どうにか4時間ほど寝れました。



明け方の第3編ではフロントとリアの大まかなブリスターフェンダ―を形成して終わったわけですが、今度はプラスチックパーツに手を加えてみようと思います。



大径タイヤに換装する関係でどうしても加工が必要となってくる内装パーツ。
ノーマルの、2Gホイールが装着されてるばあいはホイールハウス(?)があるので、大径タイヤにするとどうしても干渉してしまいます。
画像

なのでここを切り落とします。
画像





次にシャーシ。
ボディ側のバンパーを下半分切り落としてしまったのでマフラー周りのリアディフューザー(?)は不要です。
ビス止めに使うカシメ穴だけを残して削り落とします。
画像

車軸の付近についてる白いプラ板はタイヤのトレッド調整のために噛ませてあります。




続いてはプラパーツの製作編。
GTカーと言えば、GTウィング。
写真を参考に1.0oプラ板と0.7oプラ板で製作。
画像





複雑な形状のリアバンパー/ディフューザーはどうしようかと迷いましたが、これも0.7oと0.3oのプラ板で製作。

GTウィングとリアバンパーを借り合わせしてみます。

画像
うん、なかなかいい感じですね。
本当は、バンパー裏側のディフューザーも4枚つけたいのですが、余力があれば、ということでww





では、ボディ側に戻ってフロントのバンパーダクトを作っていきましょう。
鉛筆で下書きを描いてデザインナイフとマイクロナイフでちゃちゃっと。
今回、メインダクトの隣の二つ穴とダクト上部のカバー(?)はシールで誤魔化そうと思いますw
画像


並行してボディのあらゆるエアロパーツを作っていきます。






フロントディフューザーも作って、さて、全体の借り合わせ。
フロントです。
画像
フェンダーアーチが若干肉厚感がありますね。もう少し削ってもいい感じでしょうか。



リアです。
画像
なかなかGTカーチックな雰囲気が出ていると思いますが、いかがでしょう。
サイドだし排気管を設置するためにサイドステップはもう一仕事ありそうですね。



===============================

86をBRZ-GT300化しよう。 第1編
86をBRZ-GT300化しよう。 第2編
86をBRZ-GT300化しよう。 第3編
86をBRZ-GT300化しよう。 第5編
86をBRZ-GT300化しよう。 最終章

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。自身も86のノーマルBRZ化を行って以降カスタムから遠ざかっていましたが、まさかGTカー化されるとは、恐れ入るばかりです。
このBRZGT300はGTカーとしては珍しく、メーカーのデザイン部門が設計を行ったレース仕様車だそうで、ノーマルの雰囲気をうまく表現した競技車だと思います。
それをここまできれいに再現されているとは、本当に器用すぎて羨ましいです・・・
すばるっち
2012/10/31 16:39
コメントありがとうございます。

お久しぶりです。
記事には書いてありませんが、何を隠そう、86を使おうと思ったのはすばるっちさんのBRZを見てからなのです。フロント周り、参考にさせて頂いたのも事実なのです。

すばるっちさんもお忙しいことでしょうが、カスタムミニカー、楽しみにしております!
てぃー
2012/10/31 18:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
86をBRZ-GT300化しよう。 第4編 aLLDAYS/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる